非営利ボランティア団体未会

高槻市 非営利ボランティア団体 未会

未会(ひつじかい)とは大阪府高槻市を中心に活動する非営利ボランティア団体です。

運営規約

f:id:hitsujikai2010:20160518130404j:plain

未会運営規約

 (目 的)
第1条 この規程は、未会(以下、当会)の業務執行機関である役員会の議事の運営について定め、役員会の円滑な運営を図ることを目的とする。

役員会の開閉)
第2条 役員会の議事の開閉は、会長がこれを宣する。

(議事日程)
第3条 会長は、役員会成立の定足数を確認し、議場に報告するとともに、議事日程を議場に諮り、その承認を受けなければならない。

(書記の選任)
第4条 会長は、議事の開始にあたり、役員のなかから、書記若干名を指名する。
2 書記は、議事の経過の記録、その他会長が指示する業務に従事するものとする。

(議案の説明)
第5条 議案をすべて提案者がこれを説明するものとする。ただし、必要がある場合は会員に説明させることができる。

(動議の提出)
第6条 出席した役員は、議事日程を妨げない限り、いつでも動議を会長に提出できる。
2 前項の動議が提出されたときは、会長はこれを議案に供するか否かを、議場に諮らなければならない。

(議案、動議の再提出禁止)
第7条 否決又は撤回された議案及び動議は、同一役員会において再び提出することができない。

(委員会付議)
第8条 役員会で必要と認めるときは、会長は議場に諮り、委員を選任し、委員会に議案を付託して審議させることができる。
2 前項による委員の選任方法は、会長がその都度役員会に諮って決める。
3 会長は、委員をして付託した議案について、審議の結果を報告させた後、採決する。

(議事の進行)
第9条 会長は、提出された議案について説明、討議、採決の順にこれを区分して議事を進めなければならない。

(討 議)
第10条 役員は、討議事項を逸脱しない限り、自由に質問を行い、かつ意見を述べることができる。
2 質問は、簡潔、明瞭に行うものとする。
3 意見は、感情、利害にとらわれず建設的に述べるものとする。
4 役員は、他の者の発言を不当に圧迫又は抑制してはならない。
5 発言しようとする者は、氏名を告げて会長の許可を得て行うものとする。

会長の職務)
第11条 会長は、議事日程にしたがい。議事を円滑に進行せしめるとともに、議場の秩序を確立し、かつ、これを維持しなければならない。
2 会長は、役員の発言を不当に制限してはならない。

(議事の確定)
第12条 議事は、一審議をもって確定する。

(採 決)
第13条 出席した役員は、必ず採決に加わらなければならない。ただし、特別の利害を有する役員はその採決に加わることができない。
2 前項ただし書きの場合は、会長は当該役員に対し、その議事が終了するまで退場させることができる。
3 第1項ただし書きに該当する役員の議決権の数は、出席した役員の議決権の数に算入しないものとする。

(採決の方法)
第14条 採決は、次のいずれかの方法によるものとする。
(1)挙  手
(2)起  立
(3)投  票
2 挙手及び起立は、賛成者及び反対者について行う。
3 投票は、当会より配付された用紙を用いて行う。

(修正案の採決)
第15条 修正案が提出されたときは、修正案を原案より先に採決する。
2 修正案が二つ以上あるときは、その趣旨が原案と最も異なるものから、順次採決する。

(採決結果の宣言)
第16条 会長は、第14条の規定により採決を行ったときは、賛否の数並びに賛成した役員の氏名及び反対した役員の氏名を調査確定し、その結果を議場に報告し、その案件の決定を宣しなければならない。

(その他の事項)
第17条 この規程に定めていない必要な事項は、その都度定める。

付 則
この規程は、平成22年3月29日から施行する。