非営利ボランティア団体未会

高槻市 非営利ボランティア団体 未会

未会(ひつじかい)とは大阪府高槻市を中心に活動する非営利ボランティア団体です。

思い描いていた場所が今ここに

今日は朝目が覚めてからずっとワクワクしていました。

私がシープハウスを初めようと思いたった時に、自分の中で思い描いていた風景の一つが今日、ついに実現するからです。

子供たちの第3の居場所で、みんなで集まって勉強し、話をして、そしてみんなでご飯を食べる。その食材は自分たちの手で作り収穫する。

地域の方々に支えてもらったり、応援してもらったりしながら、子どもたちを中心にこの地域が一つになるという大きな目標に向け、少しずつではありますが光が見えてきている気がしました。

そして今日もいつも通りシープハウスは始まります。

今日はいつもの会よりも増して子どもたちがたくさん来ていました。

f:id:hitsujikai2010:20170625163459j:plain

第3水曜日という事で、英語会話講座があったり、子育て支援サイト【ハギュット】の若林さんが取材に来てくれたりで、今日のシープハウスは盛りだくさんの内容です。
※ハギュットとは
「わたしらしく」子育てを頑張るお父さん、お母さんたちを応援するプロジェクトで、「子連れで行っていいお店は?」「こんなときどうしたらいいの?」「周りに頼れる人がほしい…!」など、子育て世代にぴったりの情報を提供しているホームページです。

一方でシープハウス協賛企業の【菊水】では叔父叔母を含め若松地区福祉委員会の矢形委員長や委員の方がコロッケを揚げる作業を手伝ってくれました。
f:id:hitsujikai2010:20170625163451j:plain

f:id:hitsujikai2010:20170625163518j:plain

あっという間に19時半になり、宿題、英語会話が終わり、いよいよ子どもたち全員での食事の時間がきました。私たちの手作りコロッケが登場すると、教室も大盛り上がりです。

f:id:hitsujikai2010:20170625163820j:plain

f:id:hitsujikai2010:20170625163608j:plain

コロッケが登場した時の子どもたちの喜んだ笑顔を見ると本当にシープハウスを始めた事に誇りを感じる事ができました。

f:id:hitsujikai2010:20170625163633j:plain

これからもまだまだ課題はありますが、この第3の居場所がずっとずっと継続していけるように頑張ります。

コロッケとは言ったものの…

明日はシープハウスです。

先週シープファームから収穫したジャガイモでコロッケを作って提供するのですが…

調べてるとコロッケって結構手間かかる事に気付きました。これはコロッケと言ったものの、18時〜19時半までに用意できるのか…

揚げる場所は未会の協賛企業でもある地元の寿司屋【菊水】さんが提供してくれます。

f:id:hitsujikai2010:20170622161311j:plain

ジャガイモを湯がいて、潰して、
色々な工程をしていたら全然間に合わない…どうしよう?

そこで給食調理員である叔母にSOSを出すと、「それは絶対に間に合わない」と言われ、今日のうちに下準備だけでもしたいた方がいいとなりました。

さすが叔母さん。すぐに動いてくれました。

f:id:hitsujikai2010:20170622161336j:plain
必要な物を買い物までして来てくれ、ジャガイモを湯がいて潰す事からミンチと玉ねぎを入れて混ぜ、小麦粉→卵→パン粉の順番に付けて形にする所まで全部協力してくれました。

f:id:hitsujikai2010:20170622161349j:plain
最終的に叔父や従姉妹も手伝ってくれたおかげで前日に70個以上のコロッケのタネを作る事ができました。

身内にも助けられながらもシープハウスがいい形でできる喜びや、地域方々にご指導頂きながら様々なことを勉強させてもらっている事が本当にこれからの未会にとっての発展だと思っています。

f:id:hitsujikai2010:20170622160947j:plain
明日はコロッケを食べる子どもたちの笑顔が楽しみです。

若松小学校児童会でのボランティア講話

毎年この時期に、若松小学校から若松小学校児童会の子どもたちに向けて、ボランティア講話を依頼されています。

f:id:hitsujikai2010:20170622160255j:plain
いざ小学校に行ってみると普段シープハウスで見る子どもたちも何人かいて、凄く話ししやすかったです。

ボランティアの吉田さんー!
シープハウスの吉田さんー!
未会の吉田さんー!
西教寺の吉田さんー!


色んな呼び方で呼ばれてましたけど、最後は違うやろと…
それ完全にお寺の人になってるじゃないですか…。

私が話している間も真剣な眼差しで聞いている子どもたちを見ていると、本当に今年も呼んでもらえてよかったなと思いました。

地域の人たちに育ててもらってきたからこそ、今度は私たちが今の地域子どもたちを見守り、育てていきたい。そして今行っている活動を、次の世代に繋げていきたい。真剣に私は考えています。

その思いが伝わったのかどうかわかりませんが、精一杯今の気持ちを子どもたちに伝えられたと思っています。

そして帰りの出来事です。

「吉田さーん」と声をかけてきてくれる子がいました。
「吉田さん、未会ってどうやって入れんの?子どもでも入れんのー?」ってね。

「もちろん入れるよ!いつか待ってるからな」

とそう伝えると

「わかったー!」

と元気な声で答えてくれました。

私が活動を続ければ、このようなボランティアの気持ちを持ってくれる子どもがたくさん出てくるという希望を感じました。

私のやるべき事はこれからたくさんあるのです。

この先が楽しみだ!

f:id:hitsujikai2010:20170622160325j:plain

ヒューマンライツフェスタ実行委員会

本日、ヒューマンライツフェスタ実行委員会があり、未会の代表として出席してきました。いわゆる地元の夏祭りです。

f:id:hitsujikai2010:20170622155021j:plain
私たち未会も毎年参加させてもらい、玉子せんべいを出店、販売しています。

このフェスタは準備から片付けまで真夏の時期に行うので本当に体力がいります。地域の皆さんが協力し合ってやっているので、今まで継続して続いているんだなとつくづく思います。

やっぱり何事も継続するのが大事なので、私たち未会も活動も継続し、ヒューマンライツフェスタに負けないよう長く続けていきたいです。

第一回実行委員会には本当にたくさんの団体が集まっており、委員長の挨拶から始まると、地域の一体感をとても深く感じることができました。
f:id:hitsujikai2010:20170622154956j:plain
本番まで後2ヶ月くらいありますがこの地域行事は毎年楽しみだなあと感じてしまいます。

f:id:hitsujikai2010:20170622155101j:plain

2017年 ボランティア学習・ランランオープンスクール

今年もランランが始まりました!

f:id:hitsujikai2010:20170623091336j:plain
まず、ボランティアクラブのこの時期にする事はもちろん、8月6日にむけた千羽鶴です。8月6日は広島に原爆が落とされた、とても悲しい日です。

とりあえずメンバーの子たちが鶴の折り方を知っているかどうか…

何故なら次のランランは春日老人福祉センターに行って、利用者の方々と鶴折りをするのです。

利用者の方が鶴の折り方を知らなかったらボランティアクラブのメンバーが教えないといけないのです。

「鶴折れるかぁー?」と聞いてみると
「折れないー!」…。との返事。

f:id:hitsujikai2010:20170622153156j:plain
では今日はひたすら鶴折りの練習やね。

最後に春日老人センターに着いた時の挨拶の練習をして本日のランランは終了しました。次回のランランは春日老人福祉センターへレッツゴーです!

f:id:hitsujikai2010:20170622153214j:plain

2017年度 8.6平和と繋がりの会実行委員会

今年も夏が近づいてきました!

昨年、地域や学校関係の皆さんのご協力で無事開催することができた8・6夜の上映会。

昨年は【対馬丸】を見ましたが、本日の実行委員会の議論の結果、今年は【はだしのゲン】に決まりました。

f:id:hitsujikai2010:20170622152446j:plain


色々な意見がありましたが、戦争を知らない私たちを含め、次世代の子どもたちには是非みてほしい映画だという事で最終的にはだしのゲンに決まりました。

子どもたちにとっては、多少怖い映像があるので心配ではありますが、過去の歴史を知る意味でも、目をそむけずに見てくれる事を願っています。

f:id:hitsujikai2010:20170622152427p:plain

 

今日の学習支援ボランティア・シープハウスの様子

本日もいつもと変わらず、住職と一緒にお勤めしてからシープハウスが始まります。
f:id:hitsujikai2010:20170622151526j:plain
最近は本当に子どもたちの数が増えてきて、シープハウスの活気がスゴイです。私自身も、まず初めに子どもたちの出席名簿を書く作業があるのですが、この作業に奮闘しています。なぜなら、これだけ子どもたちの人数が増えると、名前と顔が中々一致しないのです。

名前を何回も連呼しながら頭に叩き込んでいきます。
そう思うと学校の先生はスゴイね…

f:id:hitsujikai2010:20170622151550j:plain
まぁ記憶力の低下は年のせいもあるかもしれません。

でも子どもたちが増える事は本当にいい事です。第3の居場所としてたくさんの子どもたちを受け入られるように、これからもやっていきます。

f:id:hitsujikai2010:20170623091433j:plain

待ちに待ったジャガイモの収穫

午前中、墓地清掃が終わり次に向かった先はシープファームです。

f:id:hitsujikai2010:20170615101533j:plain
今日は待ちにまったジャガイモの収穫日。シープファームを始めて1番最初の作物です。一体どれくらいのジャガイモができているか不安でいっぱいでしたが、いざ土を掘っていくと、出るわ出るわのジャガイモくんたち…

思っていた以上の収穫に皆んなビックリでした。

これだけあればシープハウスに来ている子どもたちに、たくさんのジャガイモ料理を食べてもらう事ができます。

f:id:hitsujikai2010:20170615101556j:plain
何事も口で言うのは簡単で、それを実現させていくのは本当に大変な事だと思います。
シープファームも始めるにあたり、色々な意見がありましたが、それでもやりたい!という思いでチャレンジしてきました。

f:id:hitsujikai2010:20170615102538j:plain

土地を提供してくれている谷口さんに色々な事を教えてもらいながら、未会のメンバーが協力して根気強くやってきた結果だと思っています。

f:id:hitsujikai2010:20170615102559j:plain

これが一つの自信となりまた一歩づつ前に進めて行けるような気がしています。次はトウモロコシの収穫と秋に向けてのさつまいも作りの準備が待っています。

f:id:hitsujikai2010:20170615102817j:plain
これも全部子どもたちへの思いや、収穫体験、そして皆で食べる喜びを分かち合える環境作りを実現させる為なのです。

f:id:hitsujikai2010:20170615103112j:plain

あきらめたらそこで終わり!
その先にある景色を信じてこれからも前進あるのみです。

f:id:hitsujikai2010:20170615103431j:plain

春日墓地の清掃

今日は朝7時から墓地の清掃をしました。

私たちの住む地域にある春日墓地は毎週シープハウスでお世話になっている西教寺さん所有の墓地なんです。

f:id:hitsujikai2010:20170612163659j:plain

f:id:hitsujikai2010:20170612163710j:plain
普段シープハウスで場所を無償提供して頂いているお礼も込めて、墓地清掃のお手伝いさせてもらいました。

f:id:hitsujikai2010:20170612163727j:plain
西教寺の住職、副住職や檀家さんたちと一緒に、生い茂った草をひっこ抜き、多分無縁墓だろうと思うお墓を変わりにキレイにさせてもらい、気が付けば大量のゴミ袋の山になっていました。

f:id:hitsujikai2010:20170612163740j:plain
その場所に先祖が眠っていようがいまいが関係なく一生懸命頑張っている未会のメンバーを見ていると、感謝と尊敬の念を禁じ得ませんでした。

f:id:hitsujikai2010:20170612163755j:plain
いつも誰かの為にと活動しているメンバーを誇りに思っています。

f:id:hitsujikai2010:20170612163819j:plain

若松地区まちづくり推進委員会

本日、若松地区まちづくり推進委員会に出席してきました。
推進委員会には私たち未会も加盟団体として参加させていただいています。

f:id:hitsujikai2010:20170622151941j:plain


若松地区の各団体さんが加盟していまして、団体行事などを報告し、協力してもらったり協力したりと地域で助け合っていくための委員会です。

今回は未会としてシープハウスの今後増えていくであろう子どもの数に合わせて、各団体さんに協力要請をしてきました。

どの団体さんも心よく協力、応援してくれると言ってくれてました。

委員会終了後…

若松地区福祉委員会の矢形委員長が
「会長、コロッケ作ったりするんやったらいつでも声かけてよー!福祉委員会で手伝いにいくから!」

と優しい声をかけてくれました。

本当に地域の繋がりに感謝です。
改めてこの委員会に入ってよかったなと思えた今日この頃でした。